心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療法って?

スポンサードリンク

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s.jpg

心的外傷後ストレス障害という病気は、ご存じの方も多いと思います。別名をPTSDといいます。

心的外傷後ストレス障害は、もう死ぬかもしれないと思うような衝撃的な出来事の後に現れる1ヶ月以上持続する精神的な症状です。

衝撃的な出来事とは、戦争、災害、虐待、事故、テロ、犯罪のような普段の日常では経験しないような過酷な状況であることが多いでしょう。このような状況に遭うと、精神状態はパニックを起こし、脳の一部を一時的に麻痺させて、無理に適応させようとします。

一時的に記憶がなくなったり、感覚や感情が麻痺したり、心神喪失したりと、様々な症状を引き起こします。実際に本人が経験しなくても、間近でみていただけでも、PTSDを患う場合があります。

心的外傷後ストレス障害になって、一番よく見られる症状としては悪夢です。体験した衝撃的な出来事を繰り返し夢でみてしまうのです。フラッシュバックが起こることもあります。

なので、早く忘れたいがために、思い出すきっかけになるものを過度に避けるといった行動がみられることも少なくありません。また、恐怖や無気力感が長期に渡って続いたりします。

精神的に不安定になったり、睡眠障害に陥ったりすることもあるでしょう。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を治療するには、精神科を受診するのが一般的です。抗うつ剤(SSRI)を用いた薬物療法や行動療法で治療することが多く、行動療法は症状に合わせて行われます。

コメントは受け付けていません。