自分が強迫性障害かどうかをチェックするには?

スポンサードリンク

185425.jpg

自分が強迫性障害かどうかをチェックするには、どうしたらいいのでしょうか?インターネットで調べると、強迫性診断のセルフチェックが出来るので、病院に行く前に一度やってみても良いでしょう。チェックリストには、以下の項目が含まれていることが多いです。

●日常生活における確認行為がどれだけあるか?
例えば、誰でも家の鍵をかけ忘れたかも?と不安に思ったことがあるでしょう。そして、時間があるならば、一度戻って確認すればそれで済みます。しかし、強迫性障害の場合、仕事や待ち合わせに遅刻してまで確認をしたり、確認をしたにも関わらず、不安が拭い切れなかったりします。

●潔癖症に関する確認
例えば、手の汚れが気になって、何度も洗わないと気が済まないなどです。手が痛くなっても洗わないと気持ちが悪い、落ち着かないといった症状です。

●物事に関するこだわりなど
自分が決めたルールから外れると、不安になったりすることはないかといった質問が代表的でしょう。

●思考パターンなど
訳もなく不吉な想像が浮かんできて、そのことに対する不安が強くなり、なかなかぬぐい去ることが出来ないことがあるか?などです。

誰にでも当てはまるのではないか?と思う項目もあるかもしれませんが、これらの行動のために社会生活や日常生活に支障を来してないかがチェックするポイントになるようです。ただし、インターネットでのチェックは参考程度ですので、当てはまる部分があるのであれば、一度医療機関に行って診てもらうのが一番です。

コメントは受け付けていません。