強迫性障害とはどんな病気?

スポンサードリンク

281898.jpg

強迫性障害とは、一体どんな病気なのでしょうか?この病気の特徴としては、「強迫観念」に取りつかれてしまうことです。この「強迫観念」からくる「強迫行為」により、日常生活を送ることが困難になってしまう病気です。

実際に「強迫観念」とは、自分でも、不思議であったり、バカバカしく感じていることもあります。例えば、外出した時に「本当に鍵を掛けただろうか?」と不安になった経験はないでしょうか?まだそう遠く離れていなければ、一度家に戻って鍵が掛かっているか確認したこともあるでしょう。

この場合、強迫観念は「鍵を掛けただろうか?」と思うことで、「確認しに戻る」というのは強迫行為にあたりますが、本当に鍵の掛け忘れかもしれないし、それは普通のことでしょう。

強迫性障害になると、安心できずに繰り返し何度も確認してしまいます。これを「確認強迫」と言うそうです。強迫性障害は他にも、何度手を洗っても汚れが落ちない感じがするので、繰り返し手を洗ってしまうといった洗浄強迫もあります。

あまり障害には思えないものとして、過度に縁起を気にし過ぎるといったものもあります。共通して言えることは、「こうしなければいけない」「うまくやれただろうか」という気持ちから抜けきれず、そのために繰り返し「確認」「行動」をしてしまうということです。無理に止めると、大きな不安が抑えられなくなります。大きなストレスがかかり、本人も非常に苦しい思いをしているのです。

コメントは受け付けていません。