強迫性障害の治療法とは?

スポンサードリンク

292016.jpg

強迫性障害の治療方法としては、認知行動療法・行動療法・薬物療法などがあります。実際には、行動療法と薬物療法を組み合わせて行うことが多いようです。

行動療法としては、「強迫観念」からくる「強迫行為」を、一定時間止めさせることを行います。この時に強い不安や不快感を伴うのですが、これを克服していきます。そして、これを繰り返し何度も行っていくのです。強迫性障害の症状には個人差もあり、様々な症状がありますから、個人にあった行動療法を行います。

例えば、何度も手洗いしなければ気がすまない人は、一定時間手洗いを止めてもらいます。手洗いをしないことに慣れるようにするのです。

また、不完全恐怖のように、何か手落ちがあったのでは?と確認せずにはいられない症状の場合は、気を紛らわせ、忘れることが出来るようにトレーニングします。

強迫観念があまりにも強い場合は、薬物療法を行った後に、行動療法を行います。患者の状態や症状に合わせて、治療を行っていきます。薬物療法としては、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と言われる抗うつ剤が使用されることが多いです。

三環系抗うつ薬が使用されることもあります。症状により、抗不安薬なども併用される場合があるでしょう。強迫性障害を起こすと、うつ病も併発しやすくなります。うつを併発している場合は、うつ病の症状の改善を図りながら、治療を行うことになります。

コメントは受け付けていません。