統合失調症に効果のある薬とは?

スポンサードリンク

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s.jpg

精神疾患に使用される薬は、何種類かあります。抗うつ剤・抗精神薬・抗不安薬・睡眠導入剤などです。

統合失調症では、この中の抗精神薬と抗不安剤が大変良く効くとされています。さらに、睡眠障害がある場合には、睡眠導入剤が処方されることもあります。

処方される薬は、その症状に合わせて医師が決定するのですが、幻覚や幻聴・妄想などの陽性症状が出ている人の場合、ドーパミンが過剰に働いているのが原因で起きているため、ドーパミンを抑制する働きのある抗精神薬を処方すると症状はかなり改善されます。

しかし、一気にドーパミンを抑制すると陰性症状に転換してしまったり、別の副作用が出てしまうこともあるため、最近では、ドーパミンとセロトニンへの作用がある新型の抗精神薬が使われるようになりました。

これによって、ドーパミンを抑制するだけでなく、脳内の伝達物質のバランスを整える効果のある薬剤が多く開発されることになり、より幅広い統合失調症に効果が期待できるようになったのです。

昔の抗精神薬は、陰性症状の患者には余計に症状が酷くなるため使えませんでしたが、非定型抗精神薬の開発によって、陰性症状の方にも効果が期待できるようになっています。

また、統合失調症の方は、さまざまな不安症状が強く出ていることも多いため、そういう方には抗不安薬が処方されることもあります。それに、二次症状として、抑うつ状態が激しくなった場合には抗うつ剤が処方され、睡眠障害が起こるようなら睡眠導入剤が処方されます。

コメントは受け付けていません。