うつ病について

スポンサードリンク

309116.jpg

現代人の病気としてうつ病は典型的なものではないでしょうか。うつ病の症状としては、ボーとしていることが多くなり、口数が少なくなります。


学校や会社を休むようになるのも特徴です。うつの気分というのは誰にでも理解できることかもしれませんが、実際にうつ病患者の症状を理解することは難しいと言われています。

うつ病なのか、単なる気分なのかは専門家でなければ判断できないのです。脳が委縮することによる集中力の欠如や記憶力の低下が見られることもあります。また、身体的な症状も出てくることがあります。頭痛、不眠症、胃炎、胃潰瘍などで悩まされるケースもあるようです。

それら体調の不調により、体重の減少が見られたり、逆に過食による体重増加があったりするのです。学校や会社を休むことにより対人関係は悪化していきます。そのままであれば悪循環に陥ってしまうのです。うつ状態とうつ病は異なっていることを理解しておきましょう。

一時的なストレスによってうつ状態となることは誰でも経験していることです。また、季節の変化や体の変化によって気分がすぐれなくなる人も多いのです。一般的に考えられているうつ病とは、うつ状態が2週間以上にわたって継続しており生活に支障をきたしている状態です。

うつ状態が重症状態になっていると言うことです。現代人は毎日ストレスを抱えて生活しています。そのために、うつ病で休職状態になる人の数も年々増加しているのです。うつ病を正しく理解して、生活復帰を目指すことが大事です。本人だけではなく周囲の協力が必要なのです。

コメントは受け付けていません。