うつ病の症状と診断

スポンサードリンク

l_156.png

精神科ではうつ病の診断をする時にどのような点に注意しているのでしょうか。一般的なうつ気分は誰にでもあります。

そのような症状だけでうつ病と判断することはできません。しかし、最近では軽いうつからうつ病へ進行する可能性があることも指摘されています。インターネットやペーパーでのうつ病のチェックが簡単に行えるようになりました。

自分がうつ病ではないかと思うのであれば、チェックをしてみることをお勧めします。もちろん、最終的な判断は専門の医師にゆだねなければなりませんが、その目安と考えてみましょう。

また、家族の中にそのような様子の人がいるのであれば、あなたがチェックを勧めてもよいでしょう。うつ病の診断で重要なことはうつ状態が継続しているかどうかです。

人は誰でも毎日楽しいことばかりではありません。つらいことや気が滅入ることがたくさんあるのです。そのようなことだけでうつ病と診断されるはずはありません。そうであればほとんどの人がうつ病になってしまうからです。

うつ病は自分の気持ちとは関係なく、脳の中でうつ状態を作り出しているホルモンがあるのです。正常な人の場合はそれをコントロールすることができますが、うつ病になってしまうとそれが難しくなるのです。

うつ病に対する誤解は、その症状にあります。周囲の人から見ると、やる気がない人に見えてしまうのです。健常者の場合はうつ状態が数週間も継続することはありません。気分転換ができるからです。

うつ病かなと自分で思うことができるのであれば、それはうつ病ではないでしょう。しかし、その兆候はありますから、まずは病院で検査ですね。

コメントは受け付けていません。