うつ病の症状を取り除く

スポンサードリンク

298553.jpg

自分でも周りの人にも病気がわからない典型的なものとしてうつ病があります。最近でこそ、社会問題として取り上げられるようになってきましたから、うつ病の症状について理解が深まっています。

それでもうつ病の症状について誤解があります。仕事がしたくないとか、学校に行きたくないといったことが病気のせいだとわかりにくいからです。やる気がないと言う状態はうつ病の症状として一般的ですが、うつ病でなくてもそのような気分になることがあるからです。

本人の性格によってもうつ病になりやすいと言うことはあります。現代ではうつ病は気持ちの問題ではなく、脳のホルモンの状態に原因があることがわかっています。そのためにホルモンのバランスを取るための薬を飲めば、症状を取り除くことができるのです。

うつ病が難しいのは心の病気ですから、外見では判断できないと言うことです。また、一日の中で症状の度合いが変化しますから、それも誤解を招く元になっています。健康な人でも毎日何らかのストレスを感じており、やる気が出ないと言うこともよくありますよね。

でも、一日気分転換をすれば、すっきりしてまた頑張ろうと言う気持ちになるのです。しかし、うつ病患者ではそのような出口がありません。負のスパイラルに入ってしまっているのです。

うつ病を改善するために有酸素運動がよいことは知られています。何らかのストレス発散になるのでしょうか。治療中の家族の接し方も重要なものです。うつ病を正しく理解して、きちんと対応することが大事ですね。

コメントは受け付けていません。