うつ病と現代人

スポンサードリンク

131323.jpg

現代人の病気として、いろいろなところで話題となっているのがうつ病です。現代はストレス社会だから、うつ病が増えているのだと考えられています。

もちろん、それは否定できませんが、自分のことをよく観て、予防することも可能なのです。うつ病の症状は憂鬱な気分、やる気が出ない、何もする気が起きない、運動をしなくなる、睡眠不足になるなどの症状があります。もちろん、個人差が大きいですから、周囲の人にはわからないケースもあります。

うつ病が現代人に多いと言うことが指摘されるようになった背景には、うつ病によって仕事を休まなければならない人が増えてきたからです。そして、そのまま復帰できない人もいます。

現代のうつ病は薬によって治すことができます。また、薬以外でも運動などの治療法が研究されているのです。うつ病は治らない病気ではなくなっているのです。そのことを正しく理解することが大事なのです。

企業などではそのための講習会なども開かれています。仕事ができなくなった社員を抱えていることは会社にとってマイナスでしかありません。そのような職場ではモチベーションの低下で、業績までもが低下すると考えられます。

単に個人の病気だと片づけることは間違っているのです。そこがうつ病の現代の問題です。うつ病患者が企業で出たと言うことは、会社の業務内容に問題があるのではないかと問いかけられているのだと考えるべきです。

現代人は働くことが当たり前になっています。もちろん、それに異論はありませんが、快適に働くことが人にとって喜びになるのです。

コメントは受け付けていません。