うつ病の注意

スポンサードリンク

278788.jpg

精神疾患として現代人に多いのがうつ病です。うつ病になると日常生活にも支障をきたしますし、仕事ができなかったり、学校に行けなくなったりします。重症のうつ病の場合は自殺してしまうケースもよくあるのです。

一時的に強いストレスを感じてしまうことは誰にでもありますが、それだけでうつ病になるのではありません。うつ病には症状に合わせて、薬を飲んだり、生活を改善したりすることによって、少しでも症状を抑えようとする処置が行われます。

しかし、うつ病患者の多くは症状がすぐに改善するわけではありません。おおよそ、治療で治るのは2割程度だと言われています。そして、2割には改善が見らせませんし、残りの6割は改善しても、再発しているそうです。

うつ病患者が増えることによって、どのような影響があるのでしょうか。その症状からわかるように、会社や学校などの日常生活に支障をきたします。その人が働いていたであろう経済活動が停止するのですから、社会的な影響も無視できません。

米国でのうつ病による経済損失は年間500億円以上であると考えられています。うつ病にかかった人の統計がありますが、その原因は明確にされていません。いろいろな要因が重なり合っていると言うことでしょう。

また、自分がうつ病になっていると自覚できるケースも少ないようです。知らないうちに自分がうつの気分に落ち込んでしまっているのです。うつ病患者への接し方には注意が必要です。しかし、そのためには正しいうつ病の知識を持っていなければなりません。

コメントは受け付けていません。