うつ病の診断

スポンサードリンク

340250.jpg

うつ病の診断には専門家の知識が必要です。インターネットなどで自己診断のチェックリストなどもありますが、あくまでも目安に過ぎないと思ってください。

自分がうつ病なのではないかと思った理由や、日ごろの生活習慣などについて振り返ってみましょう。そして、精神科で診察を受けるのです。

うつ病の診断では、あなたに対する質問などがメインとなります。精神科にかかることに対して抵抗感を感じてしまう人は多いのですが、うつ病かなと思っているならば、ぜひ診察を受けてみることをお勧めします。診察の結果、何でもないならそれで安心ですよね。

精神科の診察では、医師と患者との対話でいろいろと聞かれます。どのような症状があったのか、いつごろからなのかと言ったことを聞かれます。できるだけ具体的に回答できるように、メモを取っておくといいですね。もちろん、うまく説明できなくてもかまいません。

しかし、本当にうつ病になった人では、自分の症状を軽く説明する傾向にあるようです。どうしても自責の念が強くなるからでしょうか。また、過去の病歴も重要なものです。うつ病は再発しやすいからです。

本人からの説明のほかに、家族の説明を求められることもあります。症状についての見方が違うケースがよくあるからです。自分でもわざと言っているわけではないけれども、周囲から見ると違うように見えるのでしょう。

必要に応じて、血液検査やCTスキャンなども実施されます。また、重症のうつ病の場合は入院を勧められることもあるでしょう。診察には一人で行くよりも、家族を伴って行く方がいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。