擬態うつ病

スポンサードリンク

402037.jpg

擬態うつ病と言う言葉を聞いたことがありますか?その名の通りうつ病ではないのだけれども、うつ病のような症状を示すことです。

もちろん、心の病気であるケースもありますが、そうではなく気の持ちようによるところが大きい部分もあります。

うつ病が現代人に多くなった背景はいろいろと考えられるでしょうが、うつ病に対する多くの人の誤解があります。うつ病になった人の症状と単にやる気が出ない人を簡単に区別することができないからです。

専門家に診てもらうしかありません。また、不幸な場合であれば家族でさえもうつ病患者を理解することができないのです。

擬態うつ病と言う書物があります。このタイトルだけを見て、さらに誤解をしている人も多いようです。

仕事でうまくいかなかったとか、上司から叱責されたと言うことがストレスとなり、うつ病に至ってしまうことはあります。しかし、擬態うつ病ということもあるのです。いずれにしても心が病んでいるのですから、精神科で診察を受けることが大切です。

うつ病だと言うことを自分も認めたくないし、周りもそれを認めない雰囲気がある場合にはうつ病は重症になっていきます。現代のうつ病は治療によって治ります。

しかし、うつ病を軽く見ているために再発するケースも多いと言われているのです。うつ病が心の風邪だと言った軽いものではないはずです。

気分の落ち込みとうつ病を同じように考えている人の話ではないでしょうか。脳内のホルモンのバランスが壊れたたためにうつ病になっているのです。多くの人がうつ病についての正しい理解が必要なのです。

コメントは受け付けていません。