うつ病の研究

スポンサードリンク

d4547639a7de8816db6ec6a8f918eac8_s.jpg

うつ病の治療は現代の医学の進歩によって、大きく進んでいると言われています。うつ病に関してどのような研究がなされているのかを紹介しましょう。

今まではうつ病の症状を観るときにはその生活パターンや話し方など、外からわかることを積み上げて診断していました。しかし、その症状は健常者がうつの気分になっているものと大きな違いがありません。

そのために正確にうつ病と診断することが難しいと言うのが現状です。また、うつ病の原因となるものについてはストレスなどが考えられるのですが、明確な原因がわかっているわけではないのです。

最近の脳科学研究によって、うつ病患者の脳の状態が健常者と異なっていることがわかってきています。脳の中には情報を伝達するためのシナプスと呼ばれるものがあります。この状態がうつ病特有の状態になっていることがわかってきたのです。

もちろん、すべてが解明されているわけではありませんが、うつの症状を和らげるための薬も作られるようになってきたのです。負の感情が強くなる傾向にあるうつ病患者ですが、その感情を作り出している脳内物質の存在が明らかになってきたのです。脳の中では実はいろいろな化学反応があり、それが自分と言う性格を作り出しているのです。私たちは心と言うものがある種の神秘的なものであると考えています。

しかし、それは脳の中で機械的に作り出されているものではないかと言うことです。そのような症状を理解することができれば、うつ病の治療は大きく前進することでしょう。

コメントは受け付けていません。