うつ病とストレス

スポンサードリンク

381492.jpg

ストレスを感じていない人はいないのではないでしょうか。毎日多くの人がストレスを感じています。過度のストレスは体調を壊す原因となります。

うつ病は過度のストレスによるものです。もっとも、どのようなことがストレスとなるかは人によって変わってきます。うつ病になりやすい性格の人がいますが、それは通常の人が感じないようなことをストレスとして感じてしまうからでしょう。

しかし、人は過度のストレスはいけませんが、適度なストレスは必要と言われています。それは、刺激として体を活性化させてくれるからです。外界の物理的、心理的変化が体にとっていい影響を与えるのです。

さて、うつ病になるきっかけはなんでしょうか。ある日突然症状が出て、うつ病になるわけではありません。会社の中でのストレスが徐々に溜まっていくのでしょう。仕事でうまくいかなかったとか、強く叱責されたと言ったことが引き金になることはあるでしょう。

しかし、周囲の環境をずっとストレスとして感じていたことが本当の原因と考えていいのです。うつ病の治療として、まず休養を取ることが大事です。もちろん、仕事は休まなければなりません。

今までのストレスをいったん排除することが大切です。自宅での療養生活では家族の理解が重要なポイントとなります。正しくうつ病を理解していれば、患者への接し方が変わってきます。

通常の常識的な考えて接してしまうと、うつ病の症状を悪化させてしまうことになるのです。環境を大きく変えることもストレス軽減の面からよいことです。

コメントは受け付けていません。