うつ病の症状と検査

スポンサードリンク

d8eb0af55359c375b1c80d4e2d41a1b2_s.jpg

現代人は誰でもうつ病になる危険性を持っていると言われています。うつ病かもしれないと思っている人もたくさんいるのです。

しかし、それだけのことで精神科に行くのは、ちょっと気が引けてしまいますよね。そこでうつ病の危険度の検査を紹介しましょう。インターネットで簡単な質問に答えるだけでいいのです。

うつ病の症状は体がだるかったり、やる気が出なかったりすることです。もちろん、その他の症状もあります。うつ病になってしまった人には、そのような検査をすることさえもできないでしょう。

ですから、危険度の検査をしようと考えているあなたは、うつ病ではないと言えるのです。そこで、うつ病になりやすいのか、その傾向があるのかを判断することで、これからの生活を改善するための指針となればいいのです。

うつ病の特徴的な症状は憂鬱な気分になることです。もちろんそれだけで病気ではありません。その気分がいつまでも続いて、日常生活に支障をきたしてしまうのです。

うつ病は脳内のホルモンのバランスが崩れてしまっていることが直接的な原因です。つまり、人の感情はホルモンによって変化していると言うことです。悲しくなったり、怒りたくなったりした時にはそれに応じたホルモンが分泌されているのです。

うつ病の治療はそのホルモンバランスを調節するための薬を使います。しかし、うつ病になりたいと思っている人はいませんから、うつ病になる前に予防しておくことが大事なのです。うつ病の検査では日ごろの傾向を正直に答えることで傾向を観るのです。

コメントは受け付けていません。