うつ病と精神病との違いとは?

スポンサードリンク

sejuvsrv.png

うつ病って、結局、精神病の一種じゃないの?そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。

それでは、うつ病と精神病との違いには一体どういった事があるのでしょう。まず、「精神病」ですが、これはとても曖昧な病気です。脳に原因がある場合にも、原因が判らない心の病気も、また、幻覚や妄想が出る病気も、全て精神病と呼ぶ場合があります。

けれど、現在の精神医学では、一般的に「統合失調症(精神分裂病)」と「双極性障害(躁うつ病)」が精神病に分類されているようです。

うつ病は精神疾患である事に変わりありませんが、精神病とは違い、「精神障害」になります。神経症や心身症、人格障害等も精神障害に当てはまります。

ここで、その患者がうつ病か精神病かの判断を行うポイントなのですが、これはとても難しいと言えます。それは、うつ病であっても精神病のような症状が表れる場合があるからです。

特に、精神病の初期段階ではうつ病のような症状が出るパターンが多いようです。とりあえず、うつ病か精神病かの判断基準は、本人の自覚無しに強い妄想があらわれ、それが一定期間続くかどうかだと言えます。

けれど、この判断は専門医でも困難だと言われていますので、うつ病の症状だと感じた場合には早目に専門医を受診するようにして下さい。うつ病か精神病かで、治療の方法も異なってきます。決して自己判断せずに、適切な処置を受けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。